思考によって そのまわりにつくられた ”わたし”という空間のなかでは 愛は ”わたし”と”わたしでないもの”との 争いになってしまうからです : J.クリシュナムルティ著『瞑想』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 88

思考によって そのまわりにつくられた
”わたし”という空間のなかでは
愛は
”わたし”と”わたしでないもの”との
争いになってしまうからです

以上、J.クリシュナムルティ (著), 中川吉春(翻訳)『瞑想』P.68より引用させていただきました。

まさにこの愛が、私たちがふつうに口にする愛です。
争いになってしまう愛です。

—2013年4月9日追記

愛なのに、わたしとわたしでないものが
争ってしまうとは、どういうことなんだろう?

愛は本来無条件であるはずだ
その愛が、条件付きのものへと変異してしまう
ということだろうか

わたしという分離の空間では
無条件の愛は、条件付きの
ただの愛に変質してしまう

ということなのかもしれません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ