時間という幻想を克服するのはよいことです。しかし同時に、時間にも「目的」があることを理解してください。そうすれば、この幻想を幻想として、今までとは異なった方法で使うことができるようになります。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

時間という幻想を克服するのはよいことです。
しかし同時に、時間にも「目的」があることを理解してください。
そうすれば、この幻想を幻想として、今までとは異なった方法で使うことができるようになります。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 北村麻紀 (翻訳) 『バシャール・ペーパーバック7―ワクワクとは、あなたの魂に打たれた刻印である (VOICE新書)』P.206より引用させていただきました。

時間は幻想ではあるけど、幻想のなかにいるうちはその幻想が現実です。

時間は幻想であると知ったところで、時間が幻想であることに変わりはないけど、今までとは違った時間の利用法が可能になるとバシャールは言います。

たとえ時間が幻想であっても、時間にはちゃんと「目的」があって、時間という幻想の中で生きることにもちゃんと意味があるってことですね。

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする