つまり、無限の創造は、自分のさまざまな部分を、それぞれの個人、場所、物の中に見いだしているのです。ひとりひとりが、みずからを体験している創造の一側面なのです。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 79

つまり、無限の創造は、自分のさまざまな部分を、それぞれの個人、場所、物の中に見いだしているのです。
(中略)
ひとりひとりが、みずからを体験している創造の一側面なのです。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 北村麻紀 (翻訳) 『バシャール・ペーパーバック7―ワクワクとは、あなたの魂に打たれた刻印である (VOICE新書)』P.178より引用させていただきました。

ん?だから?という気もしますが、このことが自分がいかにパワフルであるかということを理解する鍵になるとバシャールは言います。

このような”気づき”(ここにも気づきが出てきました)を通して、本当に望んでいる世界を創っていくことができるそうです。

このことは何を意味するかというと、自分には無限の可能性がある、ということになると思います。

ベタですが。

であると同時に自分は、ジグゾーパズルのパーツのように、もうすでに決まった変えることの出来ない要素も併せ持っている。
だからこそ、創造はバラエティに富んだ体験を集約することができる。

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする