創造のすることはただひとつ。 「存在する」ということだけです。 これはとてもパワフルです。何も行動する必要はありません。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 79

創造のすることはただひとつ。

「存在する」ということだけです。

これはとてもパワフルです。
何も行動する必要はありません。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 北村麻紀 (翻訳) 『バシャール・ペーパーバック7―ワクワクとは、あなたの魂に打たれた刻印である (VOICE新書)』P.164より引用させていただきました。

ここで言う創造とは、神とか無限の創造主、そしてもっとも偉大なパワーを持ってはいるが、同時に最高に軽いタッチをももっている。

私たちは日々の生活のなかで、その存在を感じることができる。
神のもっとも偉大でもっとも軽いタッチであるパワーを。

でも、そのもっとも偉大かつ軽いタッチのパワーとは、ただ「存在する」ということ、のようです。

神のすることはたったひとつで、それは「存在する」ということ。
それでいて、とってもパワフルである。
何も行動する必要はない。

必要はない、だから、必要はないけど行動するというのはあり得るのかも知れない。
本当は必要ないんだけど、自分の内側から溢れ出て来る思いとか?

何も行動するなとは言っていない。

自分にはパワーがないと思っていると、人生を思い通りにするためには、最大限のことをしなくてはと思う。
自分の視点にパワーがないと、自分の視点を他人に強制しようとする。
自分の視点にはパワーがあるのだということを、信じることができていない。

まとめると以上のようになりました。

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする