時間というのは幻想です。過去・現在・未来、そして、すべての次元、すべての場所における現実は、今、この瞬間に同時に存在しています。すべての体験しうる経験が、今この瞬間存在しています。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

時間というのは幻想です。
過去・現在・未来、そして、すべての次元、すべての場所における現実は、今、この瞬間に同時に存在しています。
すべての体験しうる経験が、今この瞬間存在しています。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 北村麻紀 (翻訳) 『バシャール・ペーパーバック7―ワクワクとは、あなたの魂に打たれた刻印である (VOICE新書)』P.15より引用させていただきました。

だから?

だって、それらが存在しているとしても、いまこの現実にいることしか出来ない自分がいるよ。

過去も現在も未来も今、この瞬間に存在しているのなら、いますぐ過去とか未来にも行けそうなのに。
同じく、違う次元にもすぐに行けそうに思える。
だって、今、この瞬間に同時に存在しているのだから。

ああ、でもそうかぁ、宇宙の果てだって今この瞬間に必ずどこかに存在しているはずだけど、現実問題として、私は行くことが出来ない。

それと同じで、過去や未来が存在していても、現実問題として、私はそこに行くことは出来ない。

行って確かめることの出来ないものは、果たして存在していると、言えるのか言えないのか。

じゃあ、アメリカだって疑わしい、ほんとにアメリカは存在しているのか?テレビや本や他人は存在するように言っているが、私はまだ自分で実際に行ってアメリカが存在することを確認はしていない。

それにもしこのまま私がずっとアメリカに行かないとすれば、アメリカの存在の真偽は、私の人生にとってどうでもいいことになる。
アメリカが本当に存在するかどうかは、私がそこに確認に行く事態にならない限り、どうでも良い話になってしまう。

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする