「長い目」とは、「今、ここ」にいる自分を「今、ここ」で見る、ということです。長い目が一番の近道なのです。遠くにあると思っているものが、実は「ここ」にあるのです。そのときみなさんは魔法を体験し始めるのです。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

「長い目」とは、「今、ここ」にいる自分を「今、ここ」で見る、ということです。
(中略)
長い目が一番の近道なのです。
(中略)
遠くにあると思っているものが、実は「ここ」にあるのですから。
そして、そのときみなさんは自分の人生の中で魔法を体験し始めるのです。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳) 『バシャール・ペーパーバック6―ワクワクを生きると自然に「いま」を生きられる (VOICE新書)』P.236より引用させていただきました。

私達は物事を細かく分離して難しく考えてしまうとバシャールは言います。
その方が時間がかかりより長くその物事に接していることができるからです。

そうではなくて逆に、初めから物事を統合されたひとつのものだと考えて、部分ではなく全体に意識をフォーカスすると、部分部分が統合されて収まるところに収まっていくそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ