すべてのものは、さまざまな方法で実現化された、本来ひとつのものなのです。すべての物、すべての人、すべての場所、みなさんの目に見えるものすべては、みなさんのもうひとつの形にすぎません。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 89

すべてのものは、さまざまな方法で実現化された、本来ひとつのものなのです。
すべての物、すべての人、すべての場所、みなさんの目に見えるものすべては、みなさんのもうひとつの形にすぎません。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳) 『バシャール・ペーパーバック6―ワクワクを生きると自然に「いま」を生きられる (VOICE新書)』P.231より引用させていただきました。

とは言っても、他の物になった記憶も、他の人になっている意識も、現在持っていないので、きっとそうなんだろうなとしか言えません。

で、やはりここでまた出てくるのが、夢の話です。

夢の中でもやはり、自分以外の物や人には、なれない。
でも、それらが自分のもうひとつの形であるというのは容易に理解できます。

だとすれば逆に、現実は幻想であり夢だと考えたらどうでしょう?
そしたら、すべての物や人は自分の別の面であり、かつ、本来ひとつのものであると考えても、あまり違和感がありません。

おそらく、現実の本質は夢だからこそ、すべてはひとつであり、かつ、現実の中に存在しているあらゆる物や人も、自分のもうひとつの形であると言い切れるのでしょう。