瞑想とは 窓をあけておくと自然に流れこんでくる そよ風のようなものです しかし わざと窓をあけて待っていたり それを故意に招き入れようとするなら けっして姿をあらわさないでしょう : J.クリシュナムルティ著『瞑想』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

瞑想とは
窓をあけておくと自然に流れこんでくる
そよ風のようなものです
しかし
わざと窓をあけて待っていたり
それを故意に招き入れようとするなら
けっして姿をあらわさないでしょう

以上、J.クリシュナムルティ (著), 中川吉春(翻訳)『瞑想』P.24より引用させていただきました。

とっても詩的で美しい表現です。

そして瞑想というものの本質がかなり具体的に理解できます。

瞑想というものが日本の「禅」の世界に近いように感じます。

ただ窓をあけておくのと、そよ風を入れようとして窓をあけるのと、どのような違いがあるのでしょうか。

そこに瞑想と瞑想でないこととの違いがあるんでしょうね。

MIL22074

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ