瞑想の美しさというのは 自分がどこにいるのか どこへむかっているのか その果てになにがあるのか けっしてわからない ということです : J.クリシュナムルティ著『瞑想』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

瞑想の美しさというのは
自分がどこにいるのか
どこへむかっているのか
その果てになにがあるのか
けっしてわからない
ということです

以上、J.クリシュナムルティ (著), 中川吉春(翻訳)『瞑想』P.21より引用させていただきました。

ということで、この文章からは瞑想の美しさが具体的にはわかりませんが、そのわからないということが、そもそも瞑想の美しさなのかもしれませんね。

2015.6.18追記

エゴがなくあるがままの自然であることが

美なんでしょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ