今回の変革は、みなさん自身が仏性を見出し、キリスト意識となり、救世主の光になること、すなわち「本来のあなた」になることなのです。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

今回の変革は、みなさん自身が仏性を見出し、キリスト意識となり、救世主の光になること、すなわち「本来のあなた」になることなのです。
ですから、そのように光り輝く素晴らしい人を見つけたら、ただの信奉者にならないで、自分もその人と一体になってください。光になってください。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳) 『バシャール・ペーパーバック6―ワクワクを生きると自然に「いま」を生きられる (VOICE新書)』P.65より引用させていただきました。

光り輝く素晴らしい人を見つけたら、その人に頼ってしまう、信奉者になってしまうというのは、よくあります。
でも、今回の変革では、みんながその光り輝く素晴らしい人になれるようです。

自分のなかの仏性、キリスト意識、救世主の光、それらが「本来の自分」「本当の自分」だったのですね。

ということは、「本来の自分」は、高慢とかバランスを欠いたエゴとかとは無縁であり、「本来の自分」であるだけで、それだけですべてがうまくあるべきところに収まりそうです。