「不安」と「ワクワクする気持ち」は、本当は同じエネルギーなのです。自分が分離して疑いをもつとき、それは、不安になり、自分が統合されていて、自分を信頼しているとき、それは、ワクワクする気持ちになります。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

「不安」と「ワクワクする気持ち」は、本当は同じエネルギーなのです。
自分が分離して疑いをもつとき、それは、不安になり、自分が統合されていて、自分を信頼しているとき、それは、ワクワクする気持ちになります。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳) 『バシャール・ペーパーバック5―望む現実を創る最良の方法はワクワク行動をすること (VOICE新書)』P.262より引用させていただきました。

不安とか心配とかそういう気持ちは通常簡単に持てます。
何かをする時、または何かを新しくする時、まずたいていは最初に不安とか心配が頭をよぎるでしょう。

でも、その後のそのエネルギーに対する態度が、そのまま不安な気持ちにさせたり、いくらか不安が和らいだり、あるいはワクワクする気持ちへと変わったりを決めるのでしょうね。

不安を感じたら、まずその不安の対象を確認し、元々のひとつへと統合していく。

不安を感じた状況を中立と見て、そして今度は肯定的に見てみる。
そうやって自分の成長に役立てていく。

この世に偶然はなく、この現実のすべては自分が創っている。
だからすべてに意味がある。その意味を解いたとき自分が統合されていく。

それはありがたいことで、感謝すべきことでしょう。