高次の意識を持ち、意図したなら、あとはただすべてを任せて日々を楽しんでいけばよい : 『空(くう)―天翔ける歓喜の弥栄』をバシャール的に読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 79

高次の意識を持ち、意図したなら、あとはただすべてを任せて日々を楽しんでいけばよい

以上、Mana (著) 『空(くう)―天翔(あまか)ける歓喜の弥栄(いやさか)』P.382より引用させていただきました。

内なる神に対し、望む現実を選択し、そうなると決める。
それだけで良いようです。

自分の外部の何かにおねだりする必要性はまったくない。

当然、自分の内的な神におねだりするんだから、そこに外部からのなんらかの規制や規定も必要がない。

ポイントは楽しむということなんでしょうね。
しかも心から楽しんでいる状態。

無意識の中に不安とか怖れとか、そういうものを含んでいない、純粋な楽しさの状態。

そういう状態だったら、当然波動は楽しさの波動になり、そういう現実が反映されるんでしょうね。

自分の波動以外の現実を体験することはできません。体験している現実は、みなさん自身の波動の反映にすぎません。そしてその波動は潜在意識、もしくは表層意識で「一番、強く信じている観念」によって決まります。 by バシャール

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする