変化に対する怖れは、なにかを失うことに対する怖れです。でも、すべてのことは一番うまい具合に起きるのだ、偶然はないのだということがわかっていれば、なにも失うことを怖れる必要はありません。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 81

変化に対する怖れは、なにかを失うことに対する怖れです。
でも、すべてのことは一番うまい具合に起きるのだ、偶然はないのだということがわかっていれば、なにも失うことを怖れる必要はありません。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳) 『バシャール・ペーパーバック4―ワクワクこそが、ひとを深くいやす力がある (VOICE新書)』P.212より引用させていただきました。

確かに一般的に言って変化には怖れが伴います。
不安も伴います。

それはどこからくるのかと言えば、いまの平安な暮らしを失うかもしれない怖れだったりします。
あるいは、いまの暮らしより悪くなってしまうのではないかという怖れだったりします。

でも、この世に偶然はなく、すべては一番うまい具合に起きるのだと知っていれば、すべてのことは良いことであり、感謝すべきことになりますね。

A105//1

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする