言葉には、全体であるものを分割・分類する働きがあり、この分類だけにしがみつくと、それは固定観念となり縛りとなる。でも、言葉で縛ることで特定のものを創造することができる。 : 『空(くう)―天翔ける歓喜の弥栄』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

言葉というものは、全体であるものを分割・分類する働きがあり、この分類だけにしがみつくと、それは固定観念となり縛りとなります。
でも、言葉で縛ることで特定のものを創造することができるのです。

以上、Mana (著) 『空(くう)―天翔(あまか)ける歓喜の弥栄(いやさか)』P.358より引用させていただきました。

この本には例として以下のものが載っています。

世の中の悪を退治するぞ  →  まず悪が創造される
人の傷を嫌そう        →  まず傷のある人が創造される
不運を何とかしよう      →  まず不運が創造される

予期することが現実化するのだそうです。

じゃあ……お金を創造するには? (^-^;

いっぱいお金を使うぞ!   → まずお金が創造される?
お金をいっぱい貯金しよう  →   〃
お金を何とかしよう      →    〃

さてはて、どうなんでしょうね?

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする