すべてのエネルギーには否定的そして肯定的な結果の両方が用意されていて、どちらでも選ぶことができます。どこにいても、いつでも、あなたのバイブレーションがその体験を決めます。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 89

すべてのエネルギーには否定的そして肯定的な結果の両方が用意されていて、どちらでも選ぶことができます。どこにいても、いつでも、あなたのバイブレーションがその体験を決めます。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳) 『バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書)』P.245より引用させていただきました。

ホントバシャールの言うとおりなんだけど、感情ってやつが邪魔してなかなかそれができない。
「それ」というのは、否定的なことを中立化して肯定的に見ることです。

で、どうして元々中立のことを否定的に見るかというと、それまで自分で培ってきた意味づけのパターンがその原因となっていると思われます。で、この意味づけ作業を行うのが思考です。

ということなので、思考を放棄すれば当然、感情も起こらないのですが……

……でも、人って「快」 の感情を味わいたいから人生を生きているようなものなので、感情が起こらないというのもそれなりに困ったりします。

ということで最初に戻ってきて、肯定的な意味づけの方を選択したほうが得だということになります。(^-^;

A27//1