存在は目的という概念の前からすでに存在していたので、目的を必要としない存在でいるのです。目的は存在があるがままに存在することです。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 88

存在は目的という概念の前からすでに存在していたので、目的を必要としない存在でいるのです。目的は存在があるがままに存在することです。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳) 『バシャール・ペーパーバック1―ワクワクが人生の道標となる (VOICE新書)』P.279より引用させていただきました。

存在にその「前」はなく、存在は存在している、ただそれだけだとバシャールは言います。

存在はもうすでに存在してしまっているので、そこに目的を必要としない。
あえて目的をあげるとすれば、あるがままに存在することが目的とのこと。

私たちにとって、このバシャールの言葉は、かなり哲学的です。

これを私たち自身の存在にあてはめて考えてみると、私たちはすでに生きている、だから生きることに目的を必要とはしない。
あえて目的をあげるとすればあるがままに生きることが私たちの存在する目的である、とそう言えるのかも知れません。

DES01020

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ