大いなる自己にとっては逆説は統合された同一のものなのです。対立する二つのものを見始めた時は、あなたの中でさまざまな振動がひとつになるのを知る時なのです。 by バシャール

シェアする

大いなる自己にとっては逆説は統合された同一のものなのです。対立する二つのものを見始めた時は、あなたの中でさまざまな振動がひとつになるのを知る時なのです。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳) 『バシャール・ペーパーバック1―ワクワクが人生の道標となる (VOICE新書)』P.275より引用させていただきました。

統合とはまったく逆のものである、対立する二つのものを見始めた時が、統合の始まりと言うことですが、このこと自体が逆説であるのが面白いです。

すべてはひとつなのですから、当然相反するものも同じものなのでしょう。

DES01024