もし、からし種一粒ほどの信仰があれば、この山に向かって、『ここから、あそこに移れ』と命じても、そのとおりになる。あなたがたにできないことは何もない。 : 新約聖書をバシャール的に読んでみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

もし、からし種一粒ほどの信仰があれば、この山に向かって、『ここから、あそこに移れ』と命じても、そのとおりになる。あなたがたにできないことは何もない。

以上、『紙装 中型新約聖書』P.33より引用させていただきました。

これと同じようなことはバシャールも言っていて、やりたいことはなんでもが可能だそうです。
その気になれば。

しかし一方でバシャールは想像できるものはすべて宇宙のどこかに存在しているとも言っています。(別のところでですが)
さらにあらゆる可能性をはらんだパラレル・ワールドは無限に存在するので、やりたいことはどんなことでも、どっかのパラレルワールドでは成し遂げられているはずです。

さらにいえば、私たちの魂のとしての命は永遠なので、そのやりたいことが今世で成し遂げられなくてもどこかの世で成し遂げられるとも考えられます。

……と、私が頭で考えるとそうなるのですが、これについてバシャールは詳しいことはそれ以上述べていません。
だから、文字通り私たちにできないことは何ひとつないのかもしれません。