もし誰かから言われた批判に対して何か感じることがあったら、それは「批判されるべきだ」とあなたが思い込んでいて、そして自分自身を批判しているからです。by バシャール : バシャール ゴールド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 88

もし誰かから言われた批判に対して何か感じることがあったら、それは「批判されるべきだ」とあなたが思い込んでいて、そして自分自身を批判しているからです。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳) 『BASHAR GOLD(バシャール ゴールド)』P.315より引用させていただきました。

そうではなくて、すべきことは、あなたの中の無条件の愛を感じ、誰かが自分を批判したとき、それは彼ら自身を批判しているだけで、彼ら自身の怖れから、自分自身の批判をあなたに向けているだけと理解することが大事だとバシャールは言います。

批判する人に優しい気持ちを持ってくださいとのこと。
彼らは自分の中にある怖れから人を批判しているだけ。

だから、愛してあげてください。
彼らはあなたの愛を必要としているのだそうです。

そうすれば、彼らの怖れは自己愛へと変わり、自分を愛することができたなら、次はあなたにも愛が向かってくるそうです。

MIL41048

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ