あなたは常に自分自身を100パーセント信頼しています。望む現実を100パーセント信頼しているか。望まない現実のほうを100パーセント信頼しているか。このどちらかです。by バシャール : バシャール ゴールド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 89

あなたは常に自分自身を100パーセント信頼しています。
自分を100パーセント信頼しないことは不可能なのです。
望む現実を100パーセント信頼しているか。
望まない現実のほうを100パーセント信頼しているか。
このどちらかです。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳) 『BASHAR GOLD(バシャール ゴールド)』P.307より引用させていただきました。

たとえば、自分を表現したい気持ちはあるのに一部が邪魔をしていると思っているとき、一部が表現したくて、一部がそれを邪魔しているというのはないとバシャールは言います。

あなた全体が表現したい、もしくは、あなた全体が表現したくない、そのどちらかだそうです。

自分を部分部分に分けて、それらが衝突していると考えると、それが多くのフラストレーションを内部に生み出すそうです。

自分を部分部分に分ける考えは、ブレーキを踏みながら自転車をこぐようなものなんですね。
統一性がとれていませんね。

MIL41036