2012年というのは、プリズムのような役をして、ひとつの光が、いくつにも分かれていくように、それぞれの人たちが、自分の周波数に応じて、異なる現実に入っていきます。by バシャール : 『未来図 Part 2』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 87

2012年というのは、プリズムのような役をして、ひとつの光が、いくつにも分かれていくように、それぞれの人たちが、自分の周波数に応じて、異なる現実に入っていきます。by バシャール : 『未来図 Part 2』

2012年というのは、プリズムのような役をして、
ひとつの光が、いくつにも分かれていくように、
それぞれの人たちが、自分の周波数に応じて、
異なる現実に入っていきます。

以上、関野あやこ (著), ダリル・アンカ (著), バシャール (著) 『未来図 Part 2』P.190より引用させていただきました。

ついにその時が来たんですね。
始まりの時ですね。

ついに2012年にいるんですね。
感動です。

さて、ここで疑問なんですが、バシャール達は普段から私たちは毎瞬毎瞬並行現実にシフトしていると言っていますが、このシフトと、2012年から始まるシフトはどう違うのでしょう?

私が考えるに、パラレル・ワールドがさらにパラレル・ワールド化するのではないかと考えています。
あるいは、今までとは次元の違うパラレル・ワールドへシフトしていく、ということなのでしょう。