2012年に突入し、それぞれの周波数によって、分かれた現実を創っていって、それが、時間が経てば経つほど広がっていって、そこから他の周波数に移るというのが、難しくなります。by バシャール : 『未来図 Part 2』

2012年に突入し、それぞれの周波数によって、分かれた現実を創っていって、それが、時間が経てば経つほど広がっていって、そこから他の周波数に移るというのが、難しくなります。by バシャール : 『未来図 Part 2』

2012年に突入し、プリズムに入ると、
それぞれの周波数によって、
分かれた現実を創っていって、
それが、時間が経てば経つほど広がっていって、
そこから他の周波数に移るというのが、難しくなります。

以上、関野あやこ (著), ダリル・アンカ (著), バシャール (著) 『未来図 Part 2』P.191より引用させていただきました。

2012年という年はプリズムのような役目をしていて、ひとつの光がいくつにも分かれていくように、それぞれの人たちが、周波数に応じて、異なる現実に入っていく。

しかも、それぞれの周波数がより強烈に表れるような現実をそれぞれの人が創っていく。

2012年を超えても何年かは、自分の周波数を変えることができるが、さらに時間が経つと、周波数を変えるのが難しくなる。