あこがれの対象になりたい 人の心をつかみたい その衝動は 人を光へと至らしめる導きである : 『タオの法則』をバシャール的に読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

あこがれの対象になりたい 人の心をつかみたい その衝動は 人を光へと至らしめる導きである : 『タオの法則』をバシャール的に読む

あこがれの対象になりたい
人の心をつかみたい
その衝動は
人を光へと至らしめる導きである

以上、千賀 一生 (著) 『タオの法則 老子の秘儀「超」活用法 (超☆きらきら)』P.88より引用させていただきました。

書いてあることをまとめてみますと

人は誰からも必要とされなければ、人生に虚しさを感じる
その人自身が幸せでなければ、人はその人に魅力を感じない
高い幸福感が人を引き付け、そして人を幸せにする

……ということで

確かにそうだと思います。
これに関しても激しく同意します。

あこがれの対象になりたい、人の心をつかみたい
そういう自分の中の情熱にフォーカスすると
自分の外が気にならなくなるのは良いですね

自分の中の情熱って外に反応するんじゃなく
内から溢れ出てくるものですからね

情熱が内を変えるから
外も変わらざるを得なくなるんでしょうね

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする