ETとのコンタクト――これからの1000年 : バシャールの学校 – 未来へのトビラより

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 77

ETとのコンタクト――これからの1000年 : バシャールの学校 – 未来へのトビラより

以下、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『BASHAR2006(バシャール2006)―バシャールが語る魂のブループリント』P.6-9を参考にさせていただきました。

いよいよそういう時代になってきましたね。

バシャール達の予測とは、現時点(この本は2006年に出版されています)で存在するエネルギーを感じとり、そこにあるエネルギーが非常に高くて、多分変わらないであろうと思われる状況のことで、これからの1000年の予測を以下にまとめてみました。

2005年頃~2010年頃 UFOの目撃が増える

2013年頃~ ETの存在に気づき、情報が公開される

もっとも可能性が高いのが2015年
あるいは、2013年~2017年のあいだに異星人の存在を示す強力なサインとなる出来事が起こる可能性もある。

2020年頃~2030年頃 ほかの惑星・衛星に生物を発見

2030年頃~ 個人的なコンタクトの増加

2030年頃~2037年頃 グループでのコンタクトが起きる

2037年頃~2040年頃 オープン・コンタクト開始、ほかの惑星の文明との外交関係、宇宙連合への参加

2040年頃~2050年頃 他文明との交流方法を学ぶ、後進文明を助けるトレーニングの開始

2050年以降 地球上にパワフルな調和が続く

3000年頃 新しい波動の中で喜びに満ちた楽しい状態へ移行

もはや人間の形をとって地球に生まれてくる必要がなくなる。
地球の波動の中で新しい生命体の形となり、旅を続ける。

余談ですが、米国の大統領ケネディが暗殺された事件の全資料が公開されるのが2039年だそうですが、ひょっとしてこれって、このオープン・コンタクトと関係があるのでしょうか?

決定版二〇三九年の真実 (集英社文庫)

MIL22049//1

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする