予測によって予測がはずれる!? : バシャールの学校 – 未来へのトビラより

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

予測によって予測がはずれる!? : バシャールの学校 – 未来へのトビラより

以下、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『BASHAR2006(バシャール2006)―バシャールが語る魂のブループリント』P.4に書いてあることをまとめてみます。

可能性のある未来はたくさんある。
未来を予測する人は、いまここにあるもっとも強いエネルギーを感じとっている。

そのエネルギーが変わらなければ、予測は当たり。
そのエネルギーが変われば、予測は外れる。

実は、予測するその行為自体が、エネルギーを変えることに影響を与える。

予測によってそのエネルギーがどんなものであるか知り、もしそのエネルギーが、好ましくなくて、変えられた場合、予測は外れる。

つまり予測をする行為そのものが予測を外すことにつながる。

ただ、実現しなかった出来事は並行する現実で起きている。

一方、未来を反映するエネルギーがとても強い場合、変わりようがなく、予測が実現することになる。

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする