私たちが言っている「豊かさ」とは「能力」のことです。「する必要のあることを、する必要のあるときにできる能力」です。 : バシャールの学校 – BASHAR2006(バシャール2006)より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 87

私たちが言っている「豊かさ」とは「能力」のことです。「する必要のあることを、する必要のあるときにできる能力」です。 : バシャールの学校 – BASHAR2006(バシャール2006)より

私たちが言っている「豊かさ」とは「能力」のことです。
「する必要のあることを、する必要のあるときにできる能力」です。

以上、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『BASHAR2006(バシャール2006)―バシャールが語る魂のブループリント』P.307より引用させていただきました。

バシャール達は豊かさを能力であると定義づけています。
そのほうが自分たちにとって役立つからでしょう。

なぜ役に立つのか?

能力とは自分次第、自分の意思で自由になるもの
だから、現実は自分が創っているという事実と相性が良いのでしょう。

さらにいえば、バシャールからの情報からすると
私たちはすでにする必要のあることをする必要のあるときにする能力は持っています
私たちはすでに充分豊かなのです。

MIL20023//1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ