制限を感じる次元と、無限の可能性を感じる次元。どちらがあなたかっていうと、無限があなたなんです。無限以外は、ぜーんぶ、地球のバイブレーションです。 : 『未来図 Part 1』をバシャール的に読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

制限を感じる次元と、無限の可能性を感じる次元。どちらがあなたかっていうと、無限があなたなんです。無限以外は、ぜーんぶ、地球のバイブレーションです。 : 『未来図 Part 1』をバシャール的に読む

制限を感じる次元と、無限の可能性を感じる次元。

どちらがあなたかっていうと、無限があなたなんです。
無限以外は、ぜーんぶ、地球のバイブレーションです。

以上、関野 あやこ (著) 『未来図 Part 1』P.135より引用させていただきました。

無限とはバシャールの言葉で言えば、大いなるすべてとも言えるでしょうね。

あ、でも、大いなるすべて以外は全部地球のバイブレーションでは、意味不明ですね。(^-^;

大いなるすべては、すべてですから、地球のバイブレーションも含みますから。

よって、ここでいう無限とは無限という観念とか概念とか、そういうものに近いのでしょうね。

ん?でも、地球は制限のある惑星だから……

無限をどう解釈するかですね。

無限を限界のない状態だとすると、無限は大いなるすべてのようにすべてを含むような気がします。だって限界が一切無いのですから。

しかし、無限を単に制限の無い状態だとすると、逆に制限のある状態が存在する余地が出てくる気がします。

ここでいう無限とは制限のない状態ということでしょね。
まあ、一番最初にそう書いてありますけどね。(^-^;

jpn03079