現実にフォーカスすればするほど、もう対処できないように、現実が取り囲むように、もう自分の力では対処できないように、見えてしまう。 : 『未来図 Part 1』をバシャール的に読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

現実にフォーカスすればするほど、もう対処できないように、現実が取り囲むように、もう自分の力では対処できないように、見えてしまう。 : 『未来図 Part 1』をバシャール的に読む

現実にフォーカスすればするほど、もう対処できないように、
現実が取り囲むように、もう自分の力では対処できないように、見えてしまうんですね。

以上、関野 あやこ (著) 『未来図 Part 1』P.120より引用させていただきました。

じゃあどうすればいいか?

意識のフォーカスを自分に戻していく……

そうすればこんど、現実のほうがやわらかくなっていく
現実はどうにでも変わっていけるとわかる

さて、バシャールはこのことに関してどういっているかというと
私の知る限り、該当する情報はありません。

ただすべてのものごとをニュートラル(中立)と見る見方が、それに近いのではないかとは、思います。

すべてを中立に見ることができれば、どんなことも無力化することができます。
そして、無力化することができれば、今度は自分が創造主となって自分の望むどんな現実だって創造できます。

jpn03076

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ