発展する量子論 自然界の四つの力 難航する量子重力理論への道 : 『みるみる理解できる量子論』より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

以下、和田純夫 監修『みるみる理解できる量子論―相対論と並ぶ自然界の2大理論 摩訶不思議なミクロの世界 (ニュートンムック―サイエンステキストシリーズ)』P.106-107を参考にさせていただきました。

量子論を考慮していない物理学を「古典論(古典物理学)」と呼ぶが、その意味では一般相対性理論も古典論になる。

一般相対性理論では、空間の曲がりが振動となって周囲に伝わっていく「重力派」を考える。
しかし量子論と一般相対性理論を融合するには、重力を「波の性質をもちながら、同時に粒子の性質をもつもの(重力子)」として考え直す必要がある。

その試みの一つに電子や光子などの素粒子を「ひも」で考え直す「超ひも理論」がある。
しかし、完成には至っていない。


mil02061