入門 一般相対性理論 重力によって遅くなる時間 重力が強いほど、時間が遅れていく : 『みるみる理解できる相対性理論』より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

以下、佐藤勝彦 監修『みるみる理解できる相対性理論―特殊相対論も一般相対論も実はむずかしくなかった! (ニュートンムック)』P.146-147を参考にさせていただきました。

光の帯の内側、恒星に近くて重力が強い場所では、時間がゆっくり流れるので、遠くにいる観測者から見ると光がゆっくり進むように見える。

しかもこれは、おたがいさまの時間の遅れではなく、重力の強い場所の方が必ず時間の流れが遅くなる。

光を飲み込んでしまうほど重力が強いブラックホールの境界では時間が止まってしまう。

相対性理論では、時間と空間の関係が密接なので、時間と空間を一体とみなし「時空」と呼ぶ。

A129//1

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする