入門 一般相対性理論 曲がった空間と光 球面と曲がった空間は似ている! : 『みるみる理解できる相対性理論』より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 77

以下、佐藤勝彦 監修『みるみる理解できる相対性理論―特殊相対論も一般相対論も実はむずかしくなかった! (ニュートンムック)』P.134-135を参考にさせていただきました。

球面では、「平行」に見えた2本の「直線」も交わってしまう。

赤道に対して90度の角度で極に向かって飛ぶ平行の2機の飛行機はだんだん近づいてくる。

これは面が曲がっているから。

同じように曲がった空間をまっすぐ進むふたつの物体(落下する箱の中の二つのリンゴ)も自然に接近する。

これが一般相対性理論の考え方。

A111//1

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする