空間の曲がりとは、どのようなものか : 『みるみる理解できる相対性理論』より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 79

以下、佐藤勝彦 監修『みるみる理解できる相対性理論―特殊相対論も一般相対論も実はむずかしくなかった! (ニュートンムック)』P.132-133を参考にさせていただきました。

一般相対性理論によると、質量を持つ物体の周りの空間は曲がる。
質量が大きいほど空間の曲がりは大きくなる。

太陽の近くでは空間が曲がり、光も曲がる。

真空中では光は2点間をむすぶ最短距離を進む。

太陽のそばの光は、曲がった空間の「直線」(最短距離)に沿って進むので、私たちには曲がって見えてしまう。

mil17032

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする