数千億年後、銀河系は近くの銀河と衝突・合体し、一つの巨大なだ円銀河となるだろう : 『宇宙の不思議なはじまりそして地球と生命』より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 79

以下、Newton Press『宇宙の不思議なはじまりそして地球と生命 (ニュートンムック)』P.106-107を参考にさせていただきました。

現在銀河系は、直径約500万光年の範囲にある30以上の銀河と「局部的銀河群」と呼ばれる銀河集団を形成。

銀河系の伴銀河であるマゼラン雲が最も近い銀河。

宇宙では、二つの銀河が接近するとお互いの重力によって引っ張り合いやがて衝突する。

数値シミュレーション等によると、私たちの銀河系は、20億~30億年後、マゼラン雲と合体する。さらに数千億年後にはアンドロメダ銀河と合体し、さらに巨大化。

その後は、局部銀河群中のすべての銀河が合体して、一つの巨大なだ円銀河になると考えられる。

mil52015