入門 一般相対性理論 空間が曲がる 天体の重力は、完全には消せない : 『みるみる理解できる相対性理論』より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

以下、佐藤勝彦 監修『みるみる理解できる相対性理論―特殊相対論も一般相対論も実はむずかしくなかった! (ニュートンムック)』P.128-129を参考にさせていただきました。

「落下する箱の中では重力が消える」のだが、厳密に言うと、天体がつくる重力の影響は箱の中では完全には消えない。

加速する宇宙船の中の慣性力(重力)を考えた時、天体がつくりだす重力の場合、ふたつのリンゴは落下するにつれて少しずつ接近していく。

というのは重力は天体の中心方向を向いているから。
地球においても日本と赤道では、重力(万有引力)の向きはちがっている。

この事実から、天体がつくりだす重力の影響は完全には消えず、「空間が曲がっている」という考え方が導かれるのだそうです。(詳しくは次回)

mil17061

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする