皆さんはどのような目的があってか、この物理次元における性格の中で自分自身に制限を課しています。しかし大いなる自己は、常にこれらの制限に縛られないところにあるのです。 : バシャールと宇宙連合

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 81

皆さんはどのような目的があってか、この物理次元における性格の中で自分自身に制限を課しています。しかし皆さんの「知っている状態」にある大いなる自己は、常にこれらの制限に縛られないところにあるのです。

以上、ダリル アンカ (著), 関野 直行 (翻訳) 『ニュー・メタフィジックス―世界を創る意識の力学』P.27より引用させていただきました。

これは、ちょうど今日読書していたこの部分と重なるところがありますね。

魂というものは、肉体を持った体験というものを取り出すだけでも制限というものを作っています。「制限というのは、自分である種の体験をしたいというために作りあげたもの」で、制限があなたを縛りつける必要は全然ありません。

しかし、大いなる自己はすべて知っており、しかも制限にしばられないとのこと。

自分に課している制限というのは、人それぞれにその目的が違うんでしょうかね。
この引用した文章からはそのようにとれますが。

それとも制限と一口に言っても、いろんなレベルがあるのでしょうか。

JPN03016

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする