本当はひとつの感情しかありません。それは愛です。その他の感情は「愛」の変化したものです。それ以外の肉体から出てくる表現ですね、その表現は個人個人の観念から出てきます。by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

本当はひとつの感情しかありません。それは愛です。その他の感情は「愛」の変化したものです。それ以外の肉体から出てくる表現ですね、その表現は個人個人の観念から出てきます。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳) 『バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書)』P.217より引用させていただきました。

まずバシャールにはこういう言葉があります。

あなたは愛と光によって作られています。文字通り、光と愛です。by バシャール

だとすれば愛というひとつの感情しか本当は存在しなくても不思議には思いません。
人が愛と光によって作られているのだから、その抱く感情も愛だけであると考えてもおかしくありません。それが一番自然な気がします。

では、感情はどのように生まれるのか

感情はすべて、まず信じることから起きてきます。自分が真実だと信じるものに対する反応が感情なのです。 by バシャール

観念というのは、みなさんが「現実とはこういうものなのだ」と信じるように教え込まれた定義です。 by バシャール

ということで、観念に対する反応が感情であるとも言えますね。

であるならば、愛という感情を抱くためには、愛を信じること、愛こそが真実であると信じること、現実は無条件の愛であふれていると信じることによる、そうなるでしょうか。

MIL41032

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ