夢の現実というのは、実際の物理的な世界のブループリント(青写真)だということです。自分の夢のブループリントを変えてあげるだけで、現実の世界が変わります。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

バシャール ペーパーバック 1:自分の夢のブループリントを変えてあげるだけで、現実の世界が変わります。 by バシャール

夢の現実というのは、実際の物理的な世界のブループリント(青写真)だということです。
自分の夢のブループリントを変えてあげるだけで、現実の世界が変わります。

以上、ダリル アンカ (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャールペーパーバック〈1〉ワクワクが人生の道標となる。 VOICE新書』P.40より引用させていただきました。

バシャールによると、夢と現実の分離はなく、今この瞬間つまり現実も夢を見ている状態だそうです。夢の現実こそが、現実だとさえ言っています。

もしこれが真実なら、私たちが夜見る夢を変えることで、この現実を変えることができるということです。

夢を変えることは、おそらく見方を変えるってことですね、見方を変えることが現実を変えるパワーとなるのでしょう。

2013.8.19追記

私たちが夜見る夢は、物理的な現実の青写真になっている。
だから、夢の青写真を変えると物理的な現実世界も変わる。

そうバシャールは言っているんでしょうね。

夜見る夢の世界では私たちはおそらく無意識も潜在意識もなくひとつの意識で活動しているはずなので、夢の青写真を変えれば、現実世界が変わるというのもあり得る気がします。

でも問題はどうやって夢の青写真を変えるのか?ですよね。
夢の青写真を変えることが出来る場所は、夢の中若しくは夢から覚めた現実世界、この二つしかないと思います。

もし夢の中で夢の青写真を変えるのであれば、夢の中でこれは夢だと気づく必要があります。
夢を夢だと気づかない限り夢を変えることは出来ないでしょう。

(でも、夢の中でこれは夢だと気づいた意識もまた、ただの顕在意識に過ぎない可能性もあります。)

一方現実世界から夢の青写真を変えるには、現実世界において、無意識や潜在意識を変えなければなりません。
現実世界において、無意識や潜在意識を変えてこそ、夜見る夢の青写真も変化すると考えられます。

(あるいは、無意識や潜在意識のレベルにまで影響するようなそんな顕在意識の変え方をすると、夢の青写真も変わるのかも知れません。)

TAH01060