疑いとは信頼の欠如ではないのです。疑いとは、自分が望まない現実を100パーセント信頼している状態のことです。 : バシャールを生きる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

疑いとは信頼の欠如ではないのです。
疑いとは、自分が望まない現実を100パーセント信頼している状態のことです。

以上、バシャール(チャネル:ダリル・アンカ) (著), 関野直行 (翻訳)『BASHAR GOLD(バシャール ゴールド)』P.242より引用させていただきました。

同書P.242にはこうあります。
望む現実を創る一番はじめのステップは

自分をひとつの完全な存在として感じるということ。
「自分自身はこういう人間だと知っていること」に100パーセントの絶対的な信頼を置くということです。 

そしてこの100パーセントの絶対的な信頼は、その方法を学ばなくてはならないものではないとバシャールは言います。

自分の望むものを100パーセント信頼しようとするとき、新たに信頼する方法を学ぶ必要はなく、自分の望まないものから方向を変えて、自分が望むものに信頼を置けばいいだけです。

私たちには100パーセント信頼していない瞬間なんてないそうです。
だから、何を100パーセント信頼するかは、私たちが決めるのです。

MIL56038//1