みなさんが自分の周波数を上げて、この物理的な現実をつくりだしているスピードに合わせることができたとき、自分のつくりだしている現実が止まったように見えます。 : バシャールを生きる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 89

みなさんはこの現実世界を毎瞬毎瞬、非常に速いスピードでつくっています。
みなさんが自分の周波数を上げて、この物理的な現実をつくりだしているスピードに合わせることができたとき、自分のつくりだしている現実が止まったように見えます。

以上、バシャール(チャネル:ダリル・アンカ) (著), 関野直行 (翻訳)『BASHAR GOLD(バシャール ゴールド)』P.172より引用させていただきました。

意識を自分のつくりだしている現実にフォーカスして、ストロボライトのように照らすことができるようになると、さまざまなつながりが見えてくるそうです。

そして

自分の経験している現実は自分の観念、信じていること、思考からつくられているということを本当に理解しはじめるそうです。(同書P.172)

現実がものすごい速さで毎瞬毎瞬つくられているからこそ、自分の周波数を上げることによって、相対的に、現実を創造するスピードが落ちると言うのは理解できます。

自分のつくった現実が止まっている感覚を味わってみたいですね。
そのためには、自分の周波数を上げることですね。

JPN02047

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ