病気のことよりも幸せに意識を集中させることで、病気の要素が体から消えていく :『運命が好転する 実践スピリチュアル・トレーニング』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 89

病気のことよりも幸せに意識を集中させることで、幸せのバイブレーションを維持できるだけでなく、病気の要素が体から消えていきます。

以上を、エスター・ヒックス (著),‎ ジェリー・ヒックス (著),‎ 草間 岳洋 (翻訳)『運命が好転する 実践スピリチュアル・トレーニング』188ページより引用させていただきました。

笑いが人間の自然治癒力を強めるというのはよく聞きます。

同じ様に幸せのバイブレーションは体から病気の要素を消していくようです。

一番重要なのは、もうすでにそうであるものとは無関係に、幸せに意識を集中させることは可能だということです。

どんな環境どんな状況においても、幸せに意識を集中させることはできます。
いつでも幸せのバイブレーションを発することは可能です。

不幸(ネガティブ)にではなく幸福(ポジティブ)に意識のフォーカスを移すことはいつでもできます。

ネガティブはそのままに否定せずただポジティブの方に意識を持っていくだけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ