感謝の気持ちがあればポジティブ思考は簡単です :『運命が好転する 実践スピリチュアル・トレーニング』

日々の生活の中で望まないことに気付いても、それに意識を傾けてしまわずにこの「感謝の高揚」プロセスを実践して、望まないことへの気付きを望むことへの気付きに焦点を移しましょう。

以上を、エスター・ヒックス (著),‎ ジェリー・ヒックス (著),‎ 草間 岳洋 (翻訳)『運命が好転する 実践スピリチュアル・トレーニング』161ページより引用させていただきました。

以下書いてあることを簡単にまとめてみます。

人生が偶然や運、巡り合わせ、世の中の流れに支配されていると思っていると、自分の幸せが他人の行動次第で良くも悪くもなると考えてしまう。

しかも、他人の行動は自分ではコントロールできないので、人生への不安が生まれるようになる。

非物質界のエネルギーの流れを自分の意志でコントロールすることによって人生経験は良い方向に変わっていくことを理解し、そのことに感謝することで、より非物質界のエネルギーと強くつながることができる。

あなたの望みと非物質界のエネルギーのつながりが強まると、いろいろなところに感謝する機会を発見するはずです。

人生に対し受け身になると、周りの人が発するバイブレーションに左右されてしまいます。
ですが、感謝の気持ちを抱いている限り受け身の気持ちにはなりません。

あなたが感謝の気持ちに意識を集中させれば、すぐにでもその気持ちを呼び起こすことができます。