感情には喜びを得られるか得られないかの2種類しかない :『運命が好転する 実践スピリチュアル・トレーニング』より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 88

感情を言い表す言葉は星の数ほどありますが、突き詰めていけば感情には喜びを得られるか得られないかの2種類しかありません。

以上を、エスター・ヒックス (著),‎ ジェリー・ヒックス (著),‎ 草間 岳洋 (翻訳)『運命が好転する 実践スピリチュアル・トレーニング』135ページより引用させていただきました。

だからこそより喜びを得られるような思考を選んでいく。

もっと一般的にくだけて言えば、いつも明るく前向きに考える。

感情は意味づけによって生まれるので、いつも明るく前向きな意味をつける。

そうすればワクワクとした感情になり、自然とそれを行動に移すようになる。

毎瞬毎瞬一番ワクワクすることを行動に起こせるようになる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ