感情に注目し、喜びを得られる思考を選んでいくことは、バイブレーションの波長を望みに合わせて望みを人生経験に呼び込むこと :『運命が好転する 実践スピリチュアル・トレーニング』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 87

あなたが感情に注目し、期待感に従って喜びを得られる思考を選んでいくことは、バイブレーションの波長を望みに合わせて望みを人生経験に呼び込むことです。

以上を、エスター・ヒックス (著),‎ ジェリー・ヒックス (著),‎ 草間 岳洋 (翻訳)『運命が好転する 実践スピリチュアル・トレーニング』106ページより引用させていただきました。

とは言うものの人は他人を責めずにはいられない存在です。
SNSを見ていれば分かります。新聞の読者の声を読んでも分かります。

人は他人の不正を許せない。
なぜならそれは自分が絶対正しいと思っているから。

自分が正しいと思っているから他人の不正が許せない。
しかし他人を責めたところで喜びは得られません。

他人を傷つける不正は正すべきですが、そもそも正しさ自体には大きな幅がある。
個人的な正しさから普遍的な正しさまで大きな幅があってまとめて論ずることは不可能です。

なので、正しさより楽しさに重点を置いた方が良いのかも知れません。
物事の正しさはもちろん重要ですが、あまりにもそれに執着してしまって苦しみになってしまっては本も子もありません。

喜びを得られる思考をするから現実も喜びに満ちたものになります。
苦悩の思考からは苦悩の現実しか生まれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ