思考が思うように働いていないことを感情から感じ取ったら、喜びを得られるような思考を意識的に選ぶ :『運命が好転する 実践スピリチュアル・トレーニング』より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

感情はあなたの現実を直接には生み出しませんが、いまあなたが何を引き寄せているかを示す指標になります。思考が思うように働いていないことを感情から感じ取ったら、喜びを得られるような思考を意識的に選び、バイブレーションのつながりを修復しましょう。

以上を、エスター・ヒックス (著),‎ ジェリー・ヒックス (著),‎ 草間 岳洋 (翻訳)『運命が好転する 実践スピリチュアル・トレーニング』97ページより引用させていただきました。

感情は嫌な感情であるより喜びに満ちていた方が良いに決まっています。
ではどうやって喜びに満ちた感情を維持するか?

答えは。
喜びを得られるような思考の方を常に選択すること。

もしいま嫌な感情であるなら、その嫌な感情は放っておいて。
喜びを得られる思考だけにフォーカスする。

たとえば、すべてを学びとして捉えて感謝する。
たとえば、物事の良い面だけに焦点を当てる。
たとえば、すべてはただそれだけのことと考える。
たとえば、自分の好きなことを考える。
たとえば、いままでに楽しかったことについて考える。
たとえば……

楽しくなるような考え方に自分で変える。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ