ザ・ワンは、「自分自身が存在していることを知らないすべて」で、オール・ザット・イズは、「自分自身が存在していることを知っているすべて」です。同じ「すべて」の、「違う状態」です。 :『BASHAR(バシャール)2017』

ザ・ワンは、「自分自身が存在していることを知らないすべて」であって、オール・ザット・イズは、「自分自身が存在していることを知っているすべて」です。
つまり、同じ「すべて」というものの、「違うステート(状態)」です。

以上を、ダリル・アンカ (著),‎ 喜多見龍一 (著)『BASHAR(バシャール)2017 世界は見えた通りでは、ない バシャールが語る、夢から覚めてありありと見る、世界の「新しい地図」。』75ページより引用させていただきました。

ゲームマシンの基本的成り立ちを知ったとしてもほとんどゲームのクリアには役立たないと思いますが、基本的成り立ち自体は真実です。

全宇宙に存在がたったひとつであれば、そのたったひとつに動き(変化)はない動き(変化)はないので時間も空間もない。何かを知るということもない、だってその何かが存在しないのだから。

そのたったひとつが夢を見ると、その夢の世界には制限がなかった。
夢の中にはすべてがあった。そしてたったひとつは夢の中のすべてを知っている。