なにか理由があって病気を体験したいという人もいるでしょうが、ほとんどの人にとって病気は、「本当の、自然な自分」であることに抵抗しているということです。 :『BASHAR(バシャール)2017』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

なにか理由があって病気を体験したいという人もいるでしょうが、ほとんどの人にとって病気(ディス・イーズ)は、「本当の、自然な自分」であることに抵抗しているということです。

以上を、ダリル・アンカ (著),‎ 喜多見龍一 (著)『BASHAR(バシャール)2017 世界は見えた通りでは、ない バシャールが語る、夢から覚めてありありと見る、世界の「新しい地図」。』51ページより引用させていただきました。

なので基本的には、楽な自然な状態で生活していれば必ずしも病気を通して学ぶという体験をしなくてもいい。

楽な自然な状態でないというのは、たとえば、本当の自分ではなく別の誰かになろうとしている時。

本当の自然な自分は文字通り本当で自然な自分なので放っておいてもそういう自分になるはずです。

それがならないというのは、抵抗しているからです。
「自然」に抵抗するような何かをしているからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ