意識が拡大してくると、「並行現実における、別の歴史」を思い出しはじめる :『BASHAR(バシャール)2017』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

意識が拡大してくると、「並行現実における、別の歴史」を思い出しはじめるということです。

以上を、ダリル・アンカ (著),‎ 喜多見龍一 (著)『BASHAR(バシャール)2017 世界は見えた通りでは、ない バシャールが語る、夢から覚めてありありと見る、世界の「新しい地図」。』38ページより引用させていただきました。

別の並行現実の歴史を信じている人と、この並行現実の歴史を信じている人が、互いにコミュニケーション出来ている場合、お互いの違いについて話ができる。

どの歴史、どの並行現実を信じるかは
集団コンセンサスのレベルでも、少数グループのレベルでも、個人のレベルでも
起きている。

個人からグループまで、どういう現実を体験したいのか選ぶことによって、付随する歴史は違ってくる。

別バージョンの歴史の中に似たような共通項があった場合、それぞれのバージョンにおいて似たようなことを経験しようとする合意がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ