このように、人体は五つの元素とさらに、音と光で成り立っている小宇宙なのです。 :『ヒマラヤ大聖者のマインドフルネス』より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 89

このように、人体は五つの元素とさらに、音と光で成り立っている小宇宙なのです。

以上を、ヨグマタ 相川圭子 (著)『ヒマラヤ大聖者のマインドフルネス』129ページより引用させていただきました。

この章に書いてあることを簡単にまとめてみます。

宇宙はもともと無だった。
しかし、神の意志により無の世界にまず「空」が現れた。

空にはすべてが含まれていた。
空から生じる波動によって「風」が現れた。

風の中からは「火」が、さらに「水」と「土」が現れた。
宇宙はこの五つの元素がバランスをとり成り立っている。

「土」はいわゆる肉体のこと。

「水」は人体で柔軟性に寄与している。水のエネルギーは感情と関係。
摂取した栄養や酸素は血液の循環によって全身をめぐる。

「火」は体に化学変化を起こす。
水によって運ばれた栄養や酸素は火により燃焼されエネルギーとなる。

「風」は吸った空気を全身に運ぶ。
風は運ぶ力。風は心と関係している。

「空」は、空間、隙間を表す。
五つの元素の間に隙間を保つことで、それぞれが自由に動いたり、引き寄せ合ったりのバランスを保てる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ