マインドが強い人は、見た目は華やかで幸せそうであっても、エゴが強まり、支配欲も増していきます。やがて精神のバランスがとれなくなり、疲れすぎ、リラックスできなくなるのです。 :『ヒマラヤ聖者のいまを生きる知恵』より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 88

マインドが強い人は、見た目は華やかで幸せそうであっても、エゴが強まり、支配欲も増していきます。やがて精神のバランスがとれなくなり、疲れすぎ、リラックスできなくなるのです。

以上を、ヨグマタ 相川圭子 (著)『ヒマラヤ聖者のいまを生きる知恵 (PHP文庫)』266ページより引用させていただきました。

以下書いてあることをまとめてみます。

人は成長するにつれマインドも徐々に現れてくる。
(ここで言うマインドはほぼ「心」という言葉と同じだと思います)

マインドの世界では相手に勝つことを望む。
人は実は平和より戦うのが好きなのです。

政治も宗教も平和という言葉を好みますが、実際はそれぞれの所属する団体や組織のパワー合戦における合言葉のようです。

みんな戦うために、頑張って、体と心を使っている。

……ということでこれは人間(心)の本質をついていますね。

実は人間の心は平和より戦いが好きというのは、辺りを見渡してもわかります。
ゲームにしても映画にしてもドラマにしてもスポーツにしても、そこにあるのは戦いです。

平和を勝ち取るのにさえ戦いを必要とします。

そして戦いは常に勝者と敗者を生み、勝者となるのはごく少数であり、しかも勝者が常に勝者であり続ける保証はどこにも無いのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ