悲しみとか怒りといった、いろいろな心は物質でもあります。 :『ヒマラヤ聖者のいまを生きる知恵』より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 89

悲しみとか怒りといった、いろいろな心は物質でもあります。

以上を、ヨグマタ 相川圭子 (著)『ヒマラヤ聖者のいまを生きる知恵 (PHP文庫)』263ページより引用させていただきました。

心を物質として捉える考え方は逆に新鮮に感じます。

そう言えばバシャールにもこんな言葉がありました。

物質的な現実というのは、霊でできています。あなたの体が魂です。すべての物質は、あなたの意識の現実化であって、あなたの意識からできています。あなたの投影です。物質を愛することは非常に霊的なことです。by バシャール

物質を愛することは霊的なこと、だそうです。

すべての物質が意識の現実化であるのなら、心が物質であってもおかしくないのかも知れません。

これを逆に考えるとすべての物質は本質的には意識(の投影)であると言えるのかも知れません。

心を含めたすべてのものを物質的なものと考えるか、それとも意識的なものであると考えるか、真逆に思えるこのふたつの考え方も本質的に考えるとどちらも正しいと言えるのかも知れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ